京大卒の主夫

京大は出たけれど、家庭に入った主夫の話

新しいワークとライフの話をしよう

先週から新しい職場で働き始めて、約2週間が経ちました。

 

新しい仕事

仕事は、できることは次々と巻き取って、ギブできるものはとりあえずギブして、という感じでかなり濃厚にやっているので、とても充実しています。

年齢も年齢だし、ある程度自立して動かなきゃいけないのはわかってるので、やりたいと思うことはなるべく自分で進めています。

 

といっても、まだ実質50時間くらいしか勤務してませんが。

(※ここはオフィスではない)

 

仕事の濃度が濃くなると、どうしても生活の色が薄くなってしまうので、最近意識的にカメラを持ち歩いています。

 

ほかのメンバーはたぶん梅田からそれなりに歩く距離にあるオフィスに、若干大変さを感じているかもしれません。

が、淀屋橋からオフィスのある西天満まで、10分ほど歩くあいだの道は空が広く、おしゃれなカフェや古い建物が並び、写真を撮って歩くにはとても楽しい界隈なのです。

あと西天満は、年金事務所、法務局、税務署、ハローワーク、全て徒歩で行けるのも便利です(総務的には)。自分の入社の手続きとかは、歩いていきました。もちろん数が増えてきたら、そんな原始的なことせずに電子申請できるようにしたいんですが。

 

主夫はブランクにはならない

働くうえで、強調したいのはここです。

しばらく一つの会社にフルコミットするようなことはしていませんでしたが、地域の自治会なんていう多様なくせに保守的な組織で仕事したり、インターネットなんていう個人芸で勝負する世界に片足を突っ込んでいたおかげで、多少なりとも柔軟な価値観や仕事のスピード感などは、身につきました。

のんびり主夫してましたけど、まあいろいろやっていたおかげで、見える世界も広がっているような気がしています。

 

パートの仕事も今の仕事とは全然違う業界でしたけど、主夫もまた、違う業界でしばらく働いていた、というだけです。業界的なブランクはあるので、そのあたりはいろんな人から教わりたいところです。

 

というか、まだ主夫です。

FJKのメンバーともいろいろやり取りしていて、それはそれで楽しいです。先日は、イベントの撮影に同行しました。その話はまた今度に。

 

本が読みたい

今のところの悩みはこれです。本が読みたい。

やっぱり電車のなかでは読めません。時短なおかげで、満員電車というほどでもない時間で、座れることもあるんですが。

 

かわりに、noteを読んだりブログを読んだり、noteを書いたりしています。

こういうときにKindleあるといいのかなぁ。

いや、でもブログのネタになるようなペーパーが読みたいので、PDFが読める電子ペーパーのほうが、、とか思うと急にお値段が高くなりますね・・。

ソニー SONY デジタルペーパー (A4サイズ) DPT-RP1 [国内正規品]
 

 

騒音にも酔ってしまうのですが、それはイヤホンである程度解決しています。

これの白を使ってますが、取り出すだけでペアリングされるので快適です。最近のBluetoothはすごい。

 

(※iPadの上に載せています)

 

なんだか結局、物欲のような話になってしまいました。

 

そうそう、ミラーレス一眼とはいえ、やっぱり普段持ち歩くには重いので、単焦点のスナップシューター的なカメラも欲しいです。

兄が新しいカメラ買ってていいなぁ、と。

 

 

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
 

 

まずは、お給料が入らないと・・・!